アプリ

 

インターネットが日常生活で欠かせない現代社会、IT・web業界で活躍するクリエーターにひときわ注目が集まっています。

 

そんな中、小学生のうちから気軽にプログラミング学習を始められるツールも数多く登場しています。

 

そこで今回は、小学生向けのプログラミング学習に役立つ厳選アプリを紹介します。

 

低学年の児童でも操作しやすいアプリ

 

プログラミングゼミは、「楽しみながらプログラミングを体験する」がコンセプトとなっているアプリです。

 

公立小学校の低学年に実施したプログラミング教育に基づいて開発されました。

 

実際にアプリを使用してみた子ども達や教師からリアルな意見を聞き、反映しています。そのため、子どもも大人も分かりやすく、扱いやすい教材に仕上がっています。

 

プログラミングの基礎はもちろんのこと、高度なテクニックも遊びながら学べる点が大きな魅力の1つです。

 

子ども達が無理なく学習できる工夫を随所に凝らしています。レクチャー動画を活用することによって、個々がしっかりと考えて不明な点を解消できます。

 

 

iPadユーザーにおすすめ

 

Swift Playgroundsは、革新的な技術が世界各国で高く評価されているアップル社によって開発されました。

 

小学生がプログラミングを親しむ際に有用なアプリとして注目を集めています。

 

ご家庭でiPadをあるご家庭で、日頃iPadを利用するという方で、プログラミングに触れた経験がない方にピッタリです。

 

小学校のプログラミング教育に不安を抱えている保護者の方々は、先ずSwift Playgroundをダウンロードし、子どもと一緒に体験してみましょう。

 

コードを学ぶレッスンでは、指示された通りにキャラクターを操作する中で、コードの基礎を習得できます。

 

コードを応用したレッスン・チャレンジでは、多種多様なテーマにチャレンジし、ユニークなプログラムを作成する手法が身に付けられます。

 

尚、新たなコンテンツが次から次へと追加されるため、飽きることなく使えるのもお子さんが長く勉強ができる点のポイントになります。

 

日々プログラミングの技術を磨き、着実に向上させることを目指したアプリです。

 

 

世界各国にユーザーがいる人気アプリ

 

Hour of Codeは、180カ国以上で親しまれ、数百万人の教師・子どもが愛用しています。

 

多種多様なレベルのレッスンが用意されており、いずれも1時間程度で終了します。時間を区切って、効率よく学べるアプリです。

 

ちなみに、基礎編は、スター・ウォーズなど人気コンテンツのキャラクターが登場しているため、子ども達が親しみを感じやすいです。

 

ゲームの要素を取り入れていることから、遊ぶ感覚でプログラミング言語について理解を深められます。

 

インターネットの利用に不慣れなレベルの方や小学生が気軽にチャレンジできるでしょう。

 

なお、幼児向けのレッスンも種類が豊富にあるため、就学前から小学校のプログラミング教育に備えることができます。