2020年に小学校でいよいよプログラミング教育が始まります。メディアでも話題にあがる時も多いので気になる人も多いはずです。

 

ただ、確かにITの時代だけど「小学生からプログラミングは早くない?」と疑問に思う親御さんも多いでしょう。

 

ここでは実際に行われるプログラミング教育について紹介をしますので、ぜひ不安や疑問を解消してみてください。

 

プログラミング教育ってなに?

 

プログラミング教育というとプログラミングのお勉強という簡単なイメージはあるでしょうが、プログラミング教育とは端的にお伝えすると、論理的な思考力を身につけるための教育です。

 

プログラミング教育というと、プログラマーという技術者をたくさん生み出すような教育をイメージするかもしれませんが、そうではありません。

 

たしかに現在、日本ではITエンジニアが不足してるので、ITエンジニアを増やしたいという思惑もなくもないですが、そのことが最も大事な目的ではありません。

 

文部科学省ではプログラミング教育で、育てられる思考のことをプログラミング思考と呼んでいます。これはコンピュータのプログラミングをするのと同じように、論理立てて問題を解決するための考えです。

 

プログラミングの技術そのものを教育するというよりも、このプログラミング思考を育むのが、プログラミング教育の大きな目的になります。

 

 

プログラミング教育は日常にどう役立つのか?

 

プログラミング教育によって身につけられるプログラミング思考は、日常生活や社会生活などあらゆる場面で、役立つことだと考えられます。

 

現在は第4次産業革命への過渡期だと言われていますが、これまでとは社会構造そのものが変化すると予想されているほどある意味厳しい時代です。

 

このような激動の時代に対して、従来のやり方・考え方はあまり通用しません。しかし、そんな時代でも論理立てて問題を解決していくことで答えが見えてくるものです。

 

つまり、プログラミング思考はこれからの時代を担っていく子どもたち自身に必要な能力になるのです。自ら考えて行動をし、AIなど新しい技術に対して積極的に働きかけて、新しい仕事を生み出すことが目的になっています。

 

 

よくある勘違いをただしておこう

 

プログラミング教育というと、小学生のうちからパソコンに向かってプログラミング言語を打ち込むと勘違いをしている親御さんも少なくありません。

 

すでに紹介をしたようにプログラミング教育によって、プログラマーを大量に生み出そうというわけではないのです。

 

またもう1つ多い勘違いが、プログラミングという新しい教科が増えるのではとするものです。

 

国によっては、「プログラミング」として独立した強化を設ける国もありますが、日本では異なります。

プログラミング教育は従来の教科の中で取り入られていくもので、新しい教科が増えるわけではありません。そして一般的にコーディングと呼ばれる、プログラミングを打ち込むこともしないのです。

 

 

パソコンを使うだけがプログラミング教育じゃない?

 

日本のプログラミン教育は、現在の学校教育において扱っている授業の中で、プログラミング教育が取り入れられていく形になります。

 

プログラミングというと、パソコンやタブレット・スマホを利用する学習を想像すると思います。

 

もちろん学校によってはタブレットなどを使った授業が、行われる可能性はあります。しかし実は紙と鉛筆でできるプログラミング教育もあるのです。

ちなみにプログラミング教育は、週に何時間という規定がありません。学校の判断によって、どの学年のどの教科で実施するなどを、決めるようになっているのです。つまり学校によって扱いが異なると考えて良いでしょう。

 

そうなるとどのように学習するかによって、プログラミング思考を身につける度合いの差もできてくるようになるでしょう。

 

つまり、パソコンだけが学習の方法と思わず、自宅で紙と鉛筆を使う学習によってより理解を深めることもできることを理解し、より深くプログラミング的な思考を身につけることは可能なのです。

 

また、学校によってプログラミング教育をどのように実施するから違うわけですから、より教育が充実した学校を選んだり、プログラミング教育を実施する塾などを活用することも大切になります。

 

 

まとめ

  • プログラミングという教科はできない
  • コーディングをするわけではない
  • 既存の授業の中でプログラミング教育が行われる
  • プログラミング教育とは考え方を育てる教育
  • 学校側の判断で授業の内容などが異なる
  • より深く学ぶには家庭での学習も必要